脱毛で悩んでいる子供も多い!

脱毛は大人がやるものと思っている方もいるかもしれません。しかし、ムダ毛に悩んでいるのは大人だけではありません。子供でもムダ毛に関する悩みを抱えている子がたくさんいます。例えば、プールに入るのが嫌いな子供がいたとします。ただのわがままと感じるかもしれませんが、実はムダ毛に悩み人に見られるのが嫌でプールに入りたくないと言っているのかもしれません。他にも、友達から「毛が生えていて気持ち悪い」と言われ、大きなショックを受けて半袖の服を着なくなってしまった子供もいます。子供はムダ毛の悩みをなかなか大人に相談できず、一人で悩んでしまうことも多いです。そういう時は、親がその悩みに気づいてあげることが大切です。ムダ毛に悩んでいるお子さんがいたら、脱毛をすすめるなど一緒に解決法を見つけてあげるとよいかもしれません。

なぜ子供脱毛が人気になっているのか

子供脱毛が人気になっている理由はいくつかありますが、まず一番大きいのが脱毛料金が安くなっているということです。昔は脱毛というとエステサロンでも高額な料金設定のところが多かったですが、今は低価格を前面に押し出しているエステも増えています。それは、サロン脱毛の低価格競争が激しくなっているからです。技術が進歩し脱毛機器が安くなったことで、エステサロンも料金を安くできるようになりました。完全に脱毛できるまで定額のコースを用意するサロンなど、価格保証コースを設定しているところも多いです。

また、母親世代に脱毛経験者が多くなってきたことも、子供脱毛が人気になっている理由の1つでしょう。自分が脱毛したことがあり、脱毛に対しての抵抗感が少なく、子供にさせるのもよいかもしれないと考える親御さんが増えています。自分自身ムダ毛で悩んだことがあり、子供の脱毛したいという気持ちがよく分かるという母親も多いようです。こういった時代の流れもあり、子供向けの脱毛コースを用意している大手エステサロンも増えてきました。

子供脱毛はどんな流れで施術が行われる?

子供脱毛の流れですが、まずは大人と同じようにカウンセリングが行われます。相手が子供ということで、親も一緒にカウンセリングを受けるのが一般的です。ここでは子供がどういう悩みを抱えているのか、どんな仕上がりにしたいかなどを詳しく聞かれます。同時に親が脱毛をさせる上で不安に思っていること、気になっていることなどを聞き、施術前の不安を解消していくわけです。大人でもそうですが、子供が初めて脱毛をする時は不安を抱えていることも多いです。そのままの状態で施術を受けさせるわけにはいかないので、カウンセリングによって子供の不安を取り除き、施術にのぞみやすいようにしていきます。子供と親が両方納得した上で施術できるようにカウンセリングを行うので、料金や施術内容など少しでも気になる点があれば、この時にしっかり相談しておきましょう。

カウンセリングを受けて問題がなければ、実際の施術にうつります。脱毛器を照射する前には、ジェルを塗り肌をしっかりと保護します。子供の肌はデリケートなので、施術にこういったケアをすることは非常に大切です。しっかりジェルを塗ったら脱毛器を照射していきますが、出力は子供の肌に合わせて設定します。大人が使う脱毛器よりも、痛みが少ないものを使うケースが多いので、子供でも安心して施術を受けられます。施術中に子供が不安にならないように、スタッフが会話をしながらリラックスさせてくれるのも、子供脱毛ならではでしょう。最後にまたジェルを肌に塗り、しっかり保湿して施術は完了です。エステによっても多少変わりますが、これが子供脱毛の基本的な流れになります。

子供脱毛を利用する時に気をつけたいポイント

子供脱毛を利用する時には、いくつか注意したいポイントがあります。では、実際どのようなことに気をつければよいか、詳しく見て行きましょう。

子供は日焼けしやすく肌が炎症を起こすリスクが高まる

子供は大人より肌が弱いので、日焼けには注意しなければなりません。脱毛の施術を受けた後は、普段よりも肌が敏感になっています。その状態で紫外線を受けてしまうと、少しの日焼けで炎症など様々な肌トラブルを起こす可能性があるので注意してください。子供は何かと外に出ることが多いので、親御さんが気をつけてあげましょう。

脱毛で火傷してしまう可能性がある

エステで使われている脱毛器は、黒い色に反応する光を照射し毛根を破壊することでムダ毛を処理します。この時、強い光によって火傷してしまう可能性があります。もちろん、そうならないように冷却ジェルを使用したり出力を調整したりしていますが、大人より肌が敏感な子供は注意が必要です。エステによっては照射パワーの強い脱毛器を使っていることがあるので、子供でも安全に脱毛できるか事前にしっかりチェックしておきましょう。

毛周期が安定していないせいで効果が出にくいことがある

脱毛の施術は、毛周期に合わせて行われます。そのため、短期間に何度も施術を受けるのではなく、2ヶ月に1回など毛周期によって決められたペースで通うようになっているのです。しかし、子供は毛周期が安定していないため、予測することが難しいのです。施術を受けても毛周期に合っていないと思ったような効果が出ません。子供脱毛を受けても、全然ムダ毛がなくならない、脱毛したのにどんどん毛が生えてくるなど、なかなか効果が出ないことがあります。

子供脱毛だからといって安いわけではない

子供向けの子供脱毛は料金が安いと思っている方もいるかもしれません。しかし、基本的にはどのエステサロンも大人と同じ料金プランで施術を行っています。子供向けだから安いだろうという思い込みで脱毛を始めると、回数を重ねて最終的にはかなりの額になってしまうこともあるので、最初に料金面に関してしっかり下調べしておきましょう。

脱毛が終わってからも毛が生えてくる可能性が高い

大人でも脱毛が終わった後、また毛が生えてくることがありますが、子供の場合はその可能性が高くなります。子供脱毛だからといって決して安いわけではないので、せっかく脱毛したのにまたムダ毛が生えてきてしまったらショックも大きいでしょう。一般的な脱毛方法で施術するなら、また生えてくる可能性もしっかり理解しておく必要があります。

子供のムダ毛を自己処理する時は肌トラブルに注意が必要!

子供がムダ毛の悩みを抱えてしまった時、自己処理でどうにかしようと考える方もいるかもしれません。しかし、自己処理を行うと肌トラブルなどが起こる危険性があるので、その点には注意しておきましょう。手軽な自己処理の方法としてカミソリを使った処理がありますが、子供が一人でカミソリを扱うのは危険です。間違った使い方で、自分の肌を傷つけてしまうこともあるので注意しましょう。また、自己処理が、埋没毛や色素沈着を起こす原因になる可能性もあります。自己処理をする際は、そういったリスクも考えておく必要があります。

ムダ毛を剃る時に注意したいこと!

ムダ毛を剃る時ですが、まずはどういったメリットとデメリットがあるのか理解しておくほうがよいでしょう。手軽だからといって簡単にムダ毛を剃ると、思わぬ肌トラブルが出ることもあります。では、自分でムダ毛を剃るメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

ムダ毛を自分で剃るメリット

ムダ毛を剃って処理する一番のメリットは、すぐに効果を実感できることでしょう。気になっているムダ毛をカミソリで剃れば、一瞬で処理することができます。子供がムダ毛で悩んでいる時、すぐにでも解決してあげたいと思う親御さんもいるでしょう。そういう時に、カミソリや電気シェーバーを使い、ムダ毛を処理してあげるのも1つの方法かもしれません。

デメリットも多い

子供のムダ毛を剃る処理方法ですが、デメリットも多いので注意してください。まずカミソリで剃っても効果は一時的なもので、しばらくすればまた毛は生えてきます。生え始めの毛はチクチクするので、子供が不快な思いをしてしまう可能性もあります。また、カミソリなどで処理すると毛の断面が濃く見え、前よりもムダ毛が増えたような気分になることもあるので注意しましょう。

子供のムダ毛をお手入れする時におすすめの抑毛グッズ!

ムダ毛に悩んでいるお子さんにおすすめの、抑毛グッズを2つ紹介します。

シルキーパールボディソープ

シルキーパールボディソープは、毎日使っているだけでムダ毛を目立たなくする効果が期待できるボディソープです。使い方は普通のボディソープと一緒なので、子供でも安心して使うことができます。除毛クリームを子供に使うのは心配と思っている方におすすめの商品です。

パイナップル豆乳ローション

化粧水のように使うことで、ムダ毛が生えてくるスピードを遅くする効果が期待できます。子供は化粧品を使う必要がないほど綺麗な肌をしていますが、実は乾燥してしまうことも多いです。パイナップル豆乳ローションは保湿もしてくれるので、発毛スピードを抑えながら肌に潤いを与えてくれます。

子供の脱毛では除毛クリームを使うと肌を傷めることもある

子供の脱毛では肌が傷つきやすいため注意する必要があります。肌を傷つけないための脱毛方法として、除毛クリームは有効な手段だと考えられています。除毛クリームのメリットは薬用成分が入っているため、肌に優しいことです。薬用成分のなかにはメラニンの生成を抑えたり、ムダ毛が生えることを抑える成分も入っています。さらに、美肌効果や肌荒れを抑える成分が入っていることもメリットでしょう。

また、剃るわけではないので、毛が生えてきたとしてもチクチクしないのも特徴です。しかし、除毛クリームはタンパク質を溶かすことで、毛を除去しています。そのため、皮膚が溶ける可能性もあり、脱毛後に肌が荒れてしまうこともあるのです。特に小さい子供は肌が弱いことが多いため、気を付けて利用する必要があります。肌荒れを引き起こさないように商品の特徴をしっかりと把握した上で、子供の脱毛に使うことが重要です。

子供脱毛では処理方法によって注意ポイントがある

子供が毛の手入れをするときには、処理方法によって注意点があります。また、脱毛する箇所によっても、子供の場合は注意が必要でしょう。ここでは脱毛方法や箇所について紹介していきます。

剃刀で剃る

自宅でできる脱毛方法としてあるのが、カミソリで剃る方法です。お手軽にできますし、多くの人が利用しています。しかし、子供がこの方法で脱毛するときには、肌を傷つけないように注意することが必要です。刃を皮膚と平行にして、毛だけを剃る方法であれば肌をあまり傷つけません。剃ったあとには、低刺激のローションなどで肌を保護すると肌荒れ対策になります。ただし、剃刀で剃った場合は、すぐに生える可能性が高いことにも注意しましょう。

毛抜きやワックスで抜く

自宅でできる脱毛は他に、毛抜きやワックスで毛を抜く方法です。剃刀で剃るよりも表面的な肌を傷つけることは少なく、手軽にできるのはメリットでしょう。しかし、毛を抜くときに毛包を傷つけ、肌の中で炎症を起こしてしまう恐れがあります。そうなると、黒ずみになったり、毛が肌の中に埋もれる埋没毛になったりします。脱毛ができたとしても長くは持ちませんし、肌が汚くなるリスクの方が高くなるでしょう。また、ワックスで抜くときにも注意が必要です。ワックスで毛を抜くと毛包の炎症だけではなく、表面の肌も剥がされるということが起きます。皮膚が剥がされてしまうと、バリア機能が失われてしまうでしょう。このような理由で、子供の脱毛では抜くという方法はあまりおすすめできません。

除毛クリームやジェルで溶かす

薬剤を使う脱毛方法では薬品アレルギーが注意するポイントです。子供はアレルギーに気づいていないことも多いですので、利用する前にパッチテストを行いましょう。パッチテストで問題となかったとしても、皮膚が赤くなるなど違和感があるときには、すぐに使用を中止することが大事です。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は毛包を破壊する方法で、医療機関でのみ施術を行えます。レーザー脱毛を選択するときには、子供の脱毛に関する実績に注意しましょう。多くの実績があると、信用ができます。また、事前の診察を細かくしているかもチェックします。

光脱毛

光脱毛は熱で毛包を破壊しますが、出力が弱いため医師でなくても施術ができます。そのため注意ポイントは信頼できるサロンを見つけることです。効果がでないことや火傷を負うリスクがあるため、施術する人を信用できることが重要です。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は非常に効果が高く、脱毛方法としては有益な手段です。しかし、痛みが強いこともあり、子供にはあまりおすすめできません。

子供が脱毛する箇所で注意するポイント

子供は毛が濃いとすべて脱毛したいと考えるかもしれません。しかし、成長にしたがった薄くなる箇所もあります。それが顔のうぶ毛です。ホルモンバランスが安定してくると、薄くなりますので脱毛するのは待った方がいいでしょう。また、成長と共に濃くなる脇や陰茎部周辺も、子供の場合は毛周期が安定しません。そのため、脱毛する前に時間を置いて様子を見た方がいいでしょう。

子供の脱毛を安全に始めるなら脱毛サロンがおすすめ

子供の肌は繊細ですので、肌に優しい脱毛サロンがおすすめです。安全に始めることができますし、実績があるサロンであればトラブルになりにくいです。子供は日焼けしやすいので、焼けている肌でも施術ができる脱毛サロンなら、夏でも安心して任せられます。子供が通う脱毛サロンとしておすすめなのが、ハイパー スキン脱毛を行っているサロンでしょう。肌に優しいですし、3歳からでもOKです。他におすすめな脱毛サロンの特徴としては、全国展開しているサロンでしょう。色々な場所にあれば、通いやすいです。さらに、同級生と会わないために、子供が自宅近く以外の場所を希望することもあります。全国展開しているサロンであれば、子供の希望を叶えることもできるでしょう。

子供の脱毛での不安と成長期の毛周期

子供が脱毛をするときには、無理に脱毛させる必要はありません。子供が脱毛を希望してから、脱毛について考えればいいのです。子供は経験したことがない脱毛を不安に思っているでしょう。また、まだまだ毛周期が不安定なため、脱毛をしても効果が薄いことも考えられます。さらに、顔の毛のように成長期を過ぎて、ホルモンバランスが安定してくると、薄くなる毛もあるのです。このようなことが分かっても、ムダ毛が嫌だという子供もいます。脱毛で心理的不安を取り除けるのであれば、施術を勧めてみるのは間違いではありません。子供にとって何がいいのかを話し合って決めることが大事でしょう。

子供の脱毛についてよくある質問と回答

Q:子供が脱毛をしても問題はないか?

A:脱毛方法を間違えなければ問題ないです。子供の肌は傷つきやすいですが、全く脱毛ができないという訳ではありません。ハイパースキン脱毛やサーモヒートリムーバー方式などのように、子供が脱毛をしても問題ない脱毛方法もあるのです。

Q:子供専用の脱毛方法はあるのですか?

A:子供専用として使われている、脱毛方法はあります。それがサーモヒートリムーバー方式の「Junior mode」です。ぎりぎりまで肌を傷つけないようにした脱毛方法です。また、肌の状態によって使用回数を決めているため、子供の肌でも傷がつきにくい脱毛になっています。

子供が脱毛を希望する保護者の方へのお願い

子供はバカにされたり、仲間はずれにされるのが嫌で脱毛を希望することが多いです。脱毛をしたいと言い出すまでには、かなりの葛藤があるでしょう。それを乗り越えて声に出したときには、じっくり耳を傾けてあげてください。子供だから脱毛はまだ早いと切り捨てるのではなく、子供が何で悩んでいるかを聞いてあげましょう。そうすることによって、子供の気持ちが軽くなるのです。話を聞いてあげないと、子供は心の拠り所を失うかもしれません。子供が希望をしたときには話し合って、お互いが納得するまで意見を出すことも大事です。話し合いの結果、子供が脱毛をするときには、保護者の同意が必要になります。同意書を直筆で書き、サロンに提出することが求められています。

コンプレックス解消に役立つ子供の脱毛

子供は毛が濃いことでコンプレックスを抱く可能性があります。脱毛がコンプレックスを解消する方法であれば、実行しましょう。ただし、色々な方法や注意点がありますので、それをチェックすることは大事です。子供に合う方法を見つけて脱毛をすると、前向きな生活が送れます。じっくり話を聞いてあげて、子供にとって一番いい方法を一緒に考えてあげましょう。